NOSAIとは?

ご存知ですか?NOSAI制度

政策保険として国が制度化

農業災害から農家の経営を守るため、国の定めた法律によって運営されている公的な農業保険事業です。
農業災害補償法第1条では「農業者が不慮の事故によって受けることのある損失を補てんして農業経営の安定を図り農業生産力の発展に資することを目的とする」と、その主旨をうたっています。
農業共済ではこの法律をもとに事業が行われています。

農業者の相互扶助がもと

水稲の被害状況を調査する損害評価員さん この事業は、一定地域の農業者で構成する農業共済組合の構成員である農家が、ともに掛金を出し合って、共同準備財産をつくり、万一の災害に備えるという相互扶助を基本に営まれています。
国の政策保険であるため、掛金の約半額を国が負担しており、事務の経費や人件費にも国の負担があることが、一般保険とは異なる農業共済の大きな特徴となっています。

危険分散は3段階です

農業災害は、広い地域に及ぶことが多く、組合の区域の単位では完全な危険分散ができず、確実で十分な補償を行うには、大きな困難が伴います。 そのため、組合は農業共済事業の共済責任の一部又は全部を都道府県の連合会が行う「保険」に付し、さらに、連合会はその責任の一部を政府の行う「再保険」にかけることによって全国的な危険分散を図る仕組みとなっています。

危険分散を図る仕組み