NOSAIの事業

共済用語

農業共済で使われるおもな用語

農業共済の中には、契約に伴うさまざまな約束ごとや、決まりを表わした農業共済独自の用語があります。各事業に共通する主なものを解説します。

用語 解説
共済金額 共済事故による損害が生じたとき、組合が支払う共済金の最高責任限度額です。
(契約金額または補償額)
共済価額 共済事業を行う立場から、共済事故が発生して、加入者が被ることのある損害の最高限度額を、時価額などを基礎に表現した金額です。
付保割合 家畜共済、果樹共済、畑作物共済(災害収入共済方式)、園芸施設共済において、共済価額または基準収穫金額に対して共済が補償する割合のことです。共済の種類によって付保割合の範囲は異なりますが、最高は8割、最低は2割となっており、この範囲内で加入者が選択できる仕組みになっています。
付保割合が高いほど補償は大きくなります。
基準収穫量 農作物、果樹、畑作物の各共済事業において、損害額や共済掛金の算出の基礎となる収量で、いわば「平年の収量」に相当する収量のことです。
基準単収 耕地10アール当たりの基準収穫量のことです。
引受単収 農作物共済の一筆方式では基準単収の7割、全相殺農家単位方式では基準単収の9割に相当する収量のことです。
引受収量 基準収穫量に対して共済が補償する収量のことで、被害にあったときに共済金を支払う際の共済減収量の最高限度量に相当するものです。
共済掛金率 加入者が負担する掛金を算出する基礎となるもので、過去の一定期間における被害率をもとに定められています。共済金額に共済掛金率を乗じたものが共済掛金になります。
共済掛金 共済金を支払う準備財源として、あらかじめ加入農家からいただくお金のことで、

共済掛金 = 共済金額 × 共済掛金率

で算出されます。
このうち建物・農機具共済以外は、国が約半額を負担し、加入者はその残りの半額を負担することになっています。
共済責任期間 共済事故の発生に関して、組合が共済金の支払い責任を持つことになる期間のことで、共済によって補償される期間をいいます。
共済事故 農業共済組合が共済金の支払義務を負うことになる事故です。
共済事故となるものは、その発生が予期できず、また、これを避けることが困難なものでなければなりません。
共済減収量 共済金支払いの対象となる減収量のことで、引受収量から実収量を差し引いたものです。
共済金 加入者が、共済責任期間内に発生した共済事故によって損害を受けたとき、被害の程度に応じてそれを補てんするために加入者に支払われるお金で、一般の保険では保険金に相当します。
無事戻金 加入者が過去の一定年間受け取った共済金の額及び無事戻金の合計額が、その期間中に払込んだ農家負担共済掛金合計の2分の1以下の場合、その差額を限度として加入者に支払うことのできる金額です。