NOSAIの事業

畑作物共済

畑作物共済の対象作物は

対象作物は、大豆、茶(一番茶に限る)です。

対象となる災害は

風水害、干害、凍霜害、ひょう害その他気象上の原因(地震・噴火を含む)による災害、火災、病虫害および鳥獣害による農作物の減収です。ただし、茶の災害収入共済方式は農作物の減収を伴う生産金額の減少が対象となります。

畑作物共済への加入は

組合等が実施している畑作物共済事業の対象作物ごと(共済目的の種類ごと)に、5アール以上を栽培している農家が加入できます。

加入方式の種類は

畑作物の加入方式は、対象となる対象となる農作物等によって異なり、それに応じて、補償水準や共済金の支払い条件も定められています。

共済目的

加入方式

内 容

大豆

半相殺方式

被害耕地ごとの減収量の合計が、その農家の基準収穫量の2割を超えた場合に共済金を支払う方式

全相殺方式

農家ごとの減収量が、その農家の基準収穫量の1割を超えた場合に共済金を支払う方式

(収穫量を伝票等の客観資料等によって適切に確認できる農家に限定しています。)

地域インデックス方式

統計公表地域(市町)単位に過去5年間中中庸3ヶ年の平均を基準単収とし、評価年の統計単収が基準単収に補償割合を乗じた収量を下回った場合に共済金を 支払う仕組

一筆単位方式

被害耕地の減収量が、その耕地の基準収穫量の3割を超えた場合に共済金を支払う方式

半相殺方式

被害耕地ごとの減収量の合計が、その農家の基準収穫量の3割を超えた場合に共済金を支払う方式

地域インデックス方式

統計公表地域(市町)単位に過去5年間中中庸3ヶ年の平均を基準単収とし、評価年の統計単収が基準単収に補償割合を乗じた収量を下回った場合に共済金を 支払う仕組

災害収入共済方式

 

共済事故により価格を加味した実収穫量が基準収穫量を下回り、かつ、生産金額が基準生産金額の8割に達しない場合に共済金を支払う方式

(収穫量や生産金額を伝票等の客観資料等によって適切に確認できる農家に限定しています。)

 

共済金額(補償額)は

  共済金額は、対象となる共済目的の種類等および農家ごとに、次の算式により算定します。

一筆方式

単位当たり共済金額×耕地ごとの基準単収×面積×0.7   0.6または0.5

半相殺方式

単位当たり共済金額×Σ(耕地ごとの基準単収×面積)×0.80.7または0.6

全相殺方式

単位当たり共済金額×Σ(耕地ごとの基準単収×面積)×0.90.8または0.7

地域インデックス方式

単位当たり共済金額×Σ(耕地ごとの基準単収×面積)×0.90.8または0.7

災害収入共済方式

基準生産金額×組合員等が選択した付保割合  

基準生産金額:品質を加味した平年的な生産金額

付保割合:補償割合(80%~40%)を選択できます。  

 


共済掛金は

共済掛金=共済金額×共済掛金率×45% で算定されます。

                      ※掛金率は個人別危険段階掛金率となります。

支払共済金の額は

 ◎   大豆共済

共済金=単位当たり共済金額×共済減収量

 《共済減収量》

 一筆方式

被害耕地の共済減収量=被害耕地の減収量-同耕地の基準収穫量×0.30.4又は0.5

 半相殺方式

   共済減収量=(被害耕地ごとの減収量の計)(引受耕地ごとの基準収穫量の計)×0.20.3又は0.4

 全相殺方式

   共済減収量=(農家の減収量)-(農家の基準収穫量)×0.10.2又は0.3

 地域インデックス方式

   共済減収量=((基準単収-当年産統計単収)×引受面積)-基準単収×引受面積×0.10.2又は0.3

  茶共済

 災害収入共済方式

農家ごとに、品質の低下を加味した実収穫量が基準収穫量を下回り、かつ生産金額が共済限度額(基準生産金額の8割)に達しないときに、次の算式で求めた共済金が支払われます。  

地域インデックス方式

   共済金=単位当たり共済金額×共済減収量

共済減収量=((基準単収-当年産統計単収)×引受面積)-基準単収×引受面積×0.10.2又は0.3