NOSAIの事業

果樹共済

果樹共済の対象作物は

果樹共済の対象作物は、うんしゅうみかん、(※1)なつみかん、(※2)指定柑橘(はるみに限る)です。
(※1)なつみかんについては、静岡県東部組合のみ実施しています。
(※2)指定柑橘(はるみに限る)については、静岡県中部組合のみ実施しています。
また、果樹共済には、果実の減収や品質低下を補償する「収穫共済」と、樹体の損害を補償する「樹体共済」の2つがあります。樹体共済はうんしゅうみかんのみ実施しています。

果樹共済への加入は

果樹共済事業の樹種ごと(共済目的の種類ごと類区分ごと)に、10アール以上の果樹を栽培している農家が加入できます。この場合、農家は対象となる果樹すべてに加入する必要があります。

加入方式の種類・対象となる災害は

下記のとおりです。

 

加入方式

内  容

半相殺方式

農家単位で、被害樹園地の減収分のみにより損害を把握する仕組

減収総合

一般方式

被害園地の果実の減収量が基準収穫量の3割を超えた場合に共済金を支払う仕組

特定危険方式

特定の共済事故により、被害園地の果実の減収量が基準収穫量の2割を超えた場合に共済金を支払う仕組

 

減収凍霜害方式

凍害又は霜害による損害を補償

減収暴風雨・ひょう害・凍霜害方式

一定基準以上の暴風雨、ひょう害又は凍霜害による損害を補償

全相殺方式

農家単位で、増収分と減収分とを相殺して損害を把握する仕組

減収総合方式

農家ごとに、果実の減収量が基準収穫量の2割を超えた場合に共済金を支払う仕組

品質方式

農家ごとに、果実の減収及び品質の低下による減収量が基準収穫量の2割を超えた場合に共済金を支払う仕組

災害収入共済方式

農家ごとに、果実の減収又は品質低下があり、かつ生産金額が基準生産金額の8割に達しない場合に共済金を支払う仕組

 

【樹体共済】
 損害の額が共済価額の1割または10万円のいずれか小さい方の額を超えるときに共済金を支払う仕組

補償期間は

◎ 収穫共済
 春枝の伸長停止期からその春枝の伸長停止期の属する年の翌年(なつみかん及び指定柑橘(はるみに限る)は翌々年)の年産の果実を収穫するまでの期間です。
 特定危険方式の共済責任期間は、開花期からその開花期の属する年(なつみかん及び指定柑橘(はるみに限る)は翌年)の年産の果実を収穫するまでの期間です。
◎ 樹体共済
 8月1日から1年間です。