NOSAIの事業

家畜共済

家畜共済の種類は

【死亡廃用共済】死亡や廃用となった家畜の損失を補償

【疾病傷害共済】疾病や傷害について診療費相当額を補償

対象となる畜種は

区   分

対象家畜

死亡廃用共済

疾病傷害共済

搾乳牛

乳用牛

24月齢以上の雌の乳牛で搾乳のための牛

育成乳牛

24月齢未満の雌の乳牛

 

乳牛の胎児

繁殖用雌牛

肉用牛

24月齢以上の雌の肉牛で繁殖のための牛

育成・肥育牛

搾乳牛、繁殖用雌牛、育成乳牛及び種雄牛以外の牛

 

乳牛以外の胎児

繁殖用雌馬

一般馬

36月齢以上の雌の馬で繁殖のための馬

育成・肥育馬

繁殖用雌馬及び種雄馬以外の馬

種豚

種豚

繁殖用の豚

肉豚

 

肉用の豚

対象となる事故は

死亡廃用共済  
 加入家畜が死亡したとき。
 獣医師から診療を受け、1~2日で死亡すると診断されたとき。
 病気で、獣医師から治らないといわれたとき。
 行方不明(盗難を含む)となり、30日以上生死不明のとき、谷や井
戸に落ち、救えないとき。

 乳牛の雌、種雄牛または種雄馬が繁殖能力を失ったとき。
 乳牛の雌が泌乳期に泌乳能力を失ったとき。
 肉牛の奇形の子牛が生まれたとき。

疾病傷害共済
 肉豚を除き加入家畜が病気やけがをしたとき。

家畜共済への加入

加入する場合は、住所所在地のNOSAI組合等に申し込む必要があります。その際、家畜の区分ごとに全頭加入いただくこととなっております(これを「包括共済」という)。
種雄牛、種雄馬は1頭ごとに加入することができます(「個別共済」という)。

また、牛については、加入から1年間に飼養する家畜の全ての加入となりますので、 「牛の個体識別のための情報の管理及び伝達に関する特別措置法」(以下、「牛トレサ法」という。)に基づいて、登録されている個体と飼養計画(導入計画)で予定される個体についても加入申込が必要となります。

補償期間は

共済掛金を払い込んだ翌日から、1年間です。ただし、肉豚共済における飼養区分ごとの引受けについては、出生後20日(または離乳した日)から、出生後第8カ月の末日までです。

共済金額(補償額)は

死亡廃用共済

共済価額(対象家畜の種類ごとの評価額の合計)の20~80%

(肉豚は40%~80%)の範囲で選択して加入できます。

疾病傷害共済

 病傷共済金支払限度額を超えない範囲内で、組合員が申し出た金額。

共済掛金の算定方法は

次の算式により計算されます。

【 共済掛金の額=共済金額×共済掛金率×50%または40%】

 

共済掛金率は原則過去3年間の事故率をもとに算出され、一般に3年ごとに見直されます。なお、掛金率は農家ごとに危険段階別掛金率が適用されます。

国が負担する共済掛金は、乳牛、肥育牛、繁殖肉用牛、馬は50%、種豚、肉豚は40%です(ただし、共済掛金の国庫負担対象となる共済金額には限度が設けられています)。

損害発生の通知と損害評価は

共済事故が発生したとき、および共済金の支払いを受けるべき損害があると認められるときは、遅滞なくNOSAI組合に通知する必要があります。

共済金の支払は

死亡廃用共済  
 支払限度額の範囲内で次により算出されます(火災や伝染病、気象 

上の原因による死廃事故には、支払限度は適用されません)。また、当該農家の過去の被害率が、大臣が定める適用除外基準率を超えない場合等一定の要件を満たせば、その適用が除外されます。

共済金=損害額(※)×(共済金額 / 共済価額)
(※)損害額=事故家畜の価額-(肉皮等残存物価額または廃用家畜の  

評価額+補償金等)

 

死亡廃用共済の損害額の算定に係る家畜の価格は下表の区分ごとになります。

 

区 分

金  額

搾乳牛、繁殖用雌牛、繁殖用雌馬、種豚

加入時(期首)の価額

育成乳牛、育成・肥育牛、育成・肥育馬

共済事故が発生した時の価額

死亡廃共済金支払限度額=共済金額×死亡廃共済金支払限度率
 なお、死亡廃共済金支払限度率は、地域別、包括共済対象家畜の種類別に過去3年間の被害率を基礎に、農林水産大臣が定め、3年ごとに改定されます。

 

疾病傷害共済
 対象家畜ごとに定められた病傷給付限度額の範囲内で、診療に要した費用(初診料は除く)を給付します。