NOSAIの事業

農作物共済

農作物共済の対象作物は

水稲・麦です。

対象となる災害は

風水害、干害、冷害、雪害その他気象上の原因(地震および噴火を含む)による災害、火災、病虫害、鳥獣害などによる災害です。ただし、薬害等人為的な災害は含みません。なお、麦の災害収入共済方式と水稲の品質方式については、上記災害による麦または水稲の減収または品質の低下を伴う生産金額の減少が対象となります。

農作物共済の加入は

水稲、麦を合わせて10アール以上耕作している方が加入できます。

補償期間は

     水稲:本田移植期(直まきの場合は発芽期)から収穫するまでです。

   ○      麦 :発芽期から収穫するまでです。

加入の方式は

加入の方法は次のとおりです。

共済

目的

加入方式

補償

割合

支払

開始

損害

割合

一筆

全損

特例

※1

一筆

半損

特例

※2

内容

水稲

全相殺方式

9割

8割

7割

1割

2割

3割

農家単位での損害を対象とし、被害耕地全ての減収量の合計が、農家の基準収穫量に支払開始損害割合を乗じた収量を超えた場合に共済金をお支払します。

半相殺方式

8割

7割

6割

2割

3割

4割

農家単位での損害を対象とし、被害耕地全ての減収量の合計が、農家の基準収穫量に支払開始損害割合を乗じた収量を超えた場合に共済金をお支払します。

地域インデックス方式

9割

8割

7割

1割

2割

3割

統計公表地域(市町)単位に過去5年間中中庸3ヶ年の平均を基準単収とし、評価年の統計単収が基準単収に補償割合を乗じた収量を下回った場合に共済金をお支払します。

災害収入

共済方式

9割

8割

7割

1割

2割

3割

農家ごとに減収または品質低下があり、かつ減収金額が基準生産金額に支払開始損害割合を乗じた金額を超えた場合に共済金をお支払します。

(ただし、収穫物の概ね全量を農協等に出荷しており、その出荷資料等で収穫量や生産金額等が確認できる方に限られます。)  

水稲

品質方式

9割

8割

7割

1割

2割

3割

農家ごとに減収または品質低下があり、かつ減収金額が基準生産金額に支払開始損害割合を乗じた金額を超えた場合に共済金をお支払します。

(ただし、収穫物の概ね全量を農協等に出荷しており、その出荷資料等で収穫量や生産金額等が確認できる方に限られます。)  

水稲

一筆方式

7割

6割

5割

3割

4割

5割

 

 

 

 

耕地一筆ごとの損害を対象とし、   耕地の減収量が、その耕地の基準収穫量に支払開始損害割合を乗じた収量を超えた場合に共済金をお支払します。

なお、一筆方式については、平成33年産までの実施となりますので、34年産以降は、他の方式でのご加入をお願いします。

※1 一筆全損特例とは、引受方式ごとの支払開始損害割合未満の被害であっても、収穫皆無圃場に対し一筆7割を補償

※2 一筆半損特例とは、引受方式ごとの支払開始損害割合未満の被害であっても、収穫皆無を除く5割以上の被害圃場に対し一筆2割を補償

共済掛金は

次の算式により計算されます。

【共済掛金 = 共済金額 × 共済掛金率 ×       1/2  

「共済掛金率」は、過去20年間の被害率をもとに決められ、3年ごとに見直されます。なお、掛金率は農家ごとに危険段階別掛金率が適用されます。
 共済掛金には国の国庫負担(1/2)がつきますので(麦の国庫負担は掛金率 3%以下の部分が50%、3%を超える部分が55%になります。)加入者の負担軽減が図られております。

損害発生の通知と損害評価は

○損害発生通知

共済事故が発生したときおよび共済金の支払いを受けるべき損害があると認められるときは、遅滞なくNOSAI組合等に通知しなければなりません。通知されなければ、損害評価はなされません。

○損害評価

農家の損害発生通知を受けて、農林水産大臣が定める損害認定準則に沿って行われます。組合等は損害通知を基に現地調査を実施します。なお、半相殺方式については、損害通知の際に被害耕地(園地)ごとの見込収穫量も報告いただき、損害高の検証を行います。調査終了後、損害評価会の意見を聴いた上で、組合等ごとの共済減収量を認定し、NOSAI連合会に報告します。

支払共済金の額は

支払共済金の額は

共済金の支払額は、以下のとおりです。なお最高の補償割合以外を選択した場合には( )内の数字を乗じた数値となります。

 

◎全相殺方式
 農家ごとの減収量が、農家の基準収穫量の1割を超えた場合に、次の算式で求めた共済金が支払われます。
  共済金=単位当たり共済金額×共済減収量(※)
 (※)共済減収量=(農家の基準収穫量-農家の収穫量)-農家の基準収穫量×0.1(0.2又は0.3)

 

◎半相殺方式  
 農家ごとの減収量が、農家の基準収穫量の2割を超えた場合に、次の算式で求めた共済金が支払われます。
 共済金=単位当たり共済金額×共済減収量(※)
 (※)共済減収量=(被害耕地の基準収穫量の合計-被害耕地の収穫量の合計)-農家の基準収
量× 0.2(0.3 又は 0.4)


◎地域インデックス方式  

  統計単収が、基準単収(過去5年間の統計単収の中庸3ヶ年の平均)の9割を下回った場合に、次の算式で求めた共済金が支払われます。

  共済金= 単位当たり共済金額×共済減収量 (※)

(※) 共済減収量=((基準単収-当年産統計単収)×引受面積)-基準単収×引受面積×0.1(0.2又は0.3)

 

◎麦の災害収入方式および水稲の品質方式
 農家ごとに、品質の低下を加味した実収穫量が基準収穫量を下回り、かつ生産金額が共済限度額(基準生産金額の9割)に達しないときに、次の算式で求めた共済金が支払われます。

                         

◎一筆方式 

耕地ごとの減収量が、当該耕地の基準収穫量の3割を超えた場合に、次の算式で求めた共済金が支払われます。
共済金=単位当たり共済金額×共済減収量(※)

(※)共済減収量=(基準収穫量-収穫量)-基準収穫量×0.3(0.4又は0.5)

無事戻し

過去3年間に農家の納めた共済掛金の合計額の2分の1に相当する額が、過去3年間に受け取った共済金および過去2年間に受け取った無事戻し金の合計額より多い場合、納めた掛金の一部を戻す制度です。
ただし、総代会の議決並びに支払財源としての剰余金(特別積立金)がある場合に限ります。