トピックス

2018/10/17

収入保険に対する皆様の声!

収入保険に対する皆様の声をご紹介します!


Aさん:牧之原市で、茶(50a)と野菜(70a)を栽培しています。

 「お茶とネギを栽培しています。ネギは路地栽培なので、保険に加入したかったのですが、ネギの農業共済もなく不安でした。ネギの価格も変動があり、収入保険が出来て本当に助かりました」


Bさん:川根本町で、茶(70a)と自然薯(5a)を栽培しています。

 「最近、イノシシに自然薯を荒らされて困っていました。また、お茶も含めた農業収入を全てが補償対象なので、安心です」


Cさん:川根本町で、茶(100a)と果樹(70a)を栽培しています。

 「果樹共済は、ゆずは補償対象ではないので、全ての農作物が補償対象の収入保険が出来て、うれしいです。また、お茶も合わせて補償してもらえるので、安心できます」


Dさん:川根本町で、茶(50a)を栽培しています。

 お茶共済に加入していました。近年は、2番茶の収入も増えてきたので、1番茶以降も補償してもらえる収入保険の加入検討をしました。平均収入の9割を下回った場合、支払対象となる簡単な仕組みなので、わかりやすくていいです。


Eさん:島田市で、茶(350a)を栽培しています。

 お茶共済に加入し、共済金をいただいたことがあります。その時は大変助かりました。私は、1番茶・2番茶・秋冬番まで行うので、年間収入をトータルでみて、支払いを判断してもらえる収入保険は魅力的です。


Fさん:焼津市で、ハウス(25a)栽培しています。

 ハウスでイチゴを栽培し、園芸施設共済に加入しています。本体と被覆の補償は助かりますが、内作の補償は生産費の補償なので、補償の金額に少し不安がありました。イチゴは、出荷時期によって価格が大きく変わりますので、天候によって生育が遅れた場合、大きな収入減少になります。収入保険が出来て本当に助かります。


Gさん:吉田町で、水稲(60a)としいたけ(3a)を栽培しています。

 収入保険は、最高補償が9割なので、充実していますね。しいたけの農業共済もないので、収入保険ができて良かったです。補償金額との掛金額も程よく、また、農業共済の職員にもお世話になっていますので、加入を考えました。